ホーム 政策 政策4 – 福祉・介護・障がい者

政策4 – 福祉・介護・障がい者

超高齢社会に向けた
福祉・介護の充実

  • 医療・介護・生活支援などのサービスが⼀体的に提供される地域包括ケアシステムを構築するため、その拠点となる地域包括ケアセンターの支援。
  • 高齢者が安心して暮らせるよう、健康団地の取り組みや、高齢者から子どもまでの多世代が支え合いながら生活できる、まちづくり・バリアフリーのまちづくりを推進。
  • 高齢者の状況に応じたサービスが受けられるよう、小規模多機能型居宅介護施設特別養護老人ホームなどを普及促進。
  • 国家戦略特区などを活用した、外国人介護人材の活用。
  • 介護ロボットなどの活用による介護・福祉従事者の負担軽減。
  • 認知症予防運動(コグニサイズ)など、介護予防の取り組みを全県的に展開し、2018年時点で参加者10万人を目指す。
  • 2021年に本県で開催される全国健康福祉祭(ねんりんピック)に向けたスポーツ・文化活動の支援。
  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者にとって欠かせない、痰の吸引処置を行うヘルパーへの研修支援(神奈川県独自の支援制度)。

障がい者の自立及び
社会参加の促進

  • 再生・細胞医療など、新たな技術開発による障がい者向け医療の推進(脊髄再生、網膜再生医療など)。
  • 障がい者雇用率の高い企業の優遇など、障がい者の就労支援の⼀層の促進。
  • かながわパラスポーツ」(障がい者も健常者も、全ての人が自分の運動機能を活かして、楽しみながら行うパラスポーツ)推進宣言の実践。
policiesdetail4

Social Account

ソーシャルアカウント