ホーム 政策 政策8 – 行財政改革・情報発信

政策8 – 行財政改革・情報発信

行政運営の
最適化

  • 県行政をスリム化し、福祉・教育などの県民サービスの充実を図る。
  • 「質」の行政改革の積極的推進。
  • 県職員・管理職の生産性を高めるため、人材育成と意識改革のさらなる推進。
  • 会計・業務の見える化の実現と、行政計画・実行・評価・改善活動のさらなる推進。
  • クラウドサービス(ネット上でコンピュータを利用できるサービス)、モバイル通信、ICカードなどを活用した、効率的な県行政のさらなる推進。

民間活力を取り入れた
県行政の展開

  • 県民の皆様の健康に寄与する再生医療やワクチン、医療機器、医療用ロボットなど最先端技術の開発支援と外国企業も含めた企業誘致を図ることで、県内企業への波及効果の促進。
  • 新たな企業誘致策や、海外から投資や人を呼び込むプロモーションを強化し、4年間で国内外企業100社を超える誘致を目指す。
  • 国家戦略特区を活用して、科学的根拠に基づき、「未病を治す」生活用品、電気製品などの商品開発促進、新たなサービス分野の開拓など、健康・未病産業の創出
  • 健康・未病産業の国際展開で築いた、シンガポール、米、仏、独などの国際ネットワークを活用した、県内企業の参入機会の創出
  • 先端医療技術を活用したメディカル・ツーリズムの展開で外国人を集客。
  • さがみロボット産業特区を活用した、生活支援ロボットの実用化により、県内中小製造業への事業機会の創出。
  • センサー技術などを活用し、世界のモデルとなるロボットハウス、ロボットタウンの実現やドローン(小型無人航空機)、自動運転自動車技術などの研究開発の促進。

情報発信力の強化

  • 県のブランド力を高めるため国内外メディアとも連携した戦略的広報の展開。
  • 県庁公開日を重ねてきたノウハウを活かし、県庁を情報発信の拠点として、最大限活用する。
  • 知事自らが先頭に立って、対話の広場など、あらゆるツールで神奈川県を情報発信。
policiesdetail8

Social Account

ソーシャルアカウント