ホーム ブログ なんとも不名誉な負傷

ブログ

なんとも不名誉な負傷

レース前でもないのに、天気もいいし、調子もいいので、あえて20キロ練習。ところが15キロ地点で大転倒。その日、最高スピードにギアを入れた直後のことで、激しく地面にたたきつけられました。

しかし、途中で止めるわけにもいかないので、破れたタイツと手袋そのままで、膝から血をダラダラ流しながら、家まで走って帰ってきました。なんとも不名誉な負傷でした。

Archive

選択してください